menu

なかじょう歯科

新着案内

歯石除去について

公開日:2018年12月04日 カテゴリー:お知らせ

歯に付着した歯石をとりのぞくことが虫歯や歯周病の予防につながります

歯に付着する歯石は、歯垢(プラーク)が唾液の中にふくまれているミネラルと結合してできたものです。歯石は一度歯についてしまうと歯磨きでは除去できず、自分自身では取ることがむずかしくなります。このため、歯石を除去するには歯医者で「スケーリング」という歯石取りを行う必要があります。

スケーリングの際にはスケーラーという専用の器具を使い、歯に付着してしまった歯石を取り除いていきます。スケーリングは通常、痛みを感じることはほとんどありません。ただし、虫歯があったり歯周病が悪化しているケースでは痛む場合もあるため、患者さんの症状によっては麻酔を使用してスケーリングを行うこともあります。

歯石除去は定期的に

歯石は歯垢が固まってできたものであり、中にいる細菌は死滅しているので歯石自体が虫歯をひきおこすことはありません。しかし、歯石が歯に付着すると歯石と歯のあいだに虫歯菌などの細菌がひそみやすくなり、虫歯にかかるリスクが上がってしまいます。

また、歯と歯茎のあいだの歯周ポケットについた歯石は歯周病の症状を悪化させます。これらのお口の病気を未然に防ぐためにも、歯医者で行うスケーリングで定期的に歯石除去をする必要があります。歯石除去のペースは患者さんによって異なりますが、おおむね3か月から6か月に1回のペースでスケーリングを受けていただくのが理想的です。

当院は長岡京市で開院以来、多くの患者さんに歯石除去を行っています。虫歯や歯周病はご自身では症状に気づかないこともありますので、ぜひ、日ごろから歯医者に通い、定期的に歯石除去をしておくことをおすすめします。